千畳敷カールに行ってきました

Tag: 千畳敷カール
 先日、11/6、7と駒ヶ根の千畳敷カールに行ってきました。
 ロープウェイの終点駅にある千畳敷ホテルっていうという超豪華な山小屋でお泊まり。 だ~りんがおにゅーのカメラで星を撮るために天気図とにらめっこをしていたため ホテルを取ったのが前日。四日前ならWEB割引でバス+ロープウェイ+宿泊代込みで 大人2名で19,800円っていうお得なプランがあったけどそれは使えず。

 まぁ天気勝負だからしょうがないです。で、今回は混んでいて特別室という部屋しかあいてませんでした。
 何が違うかというとお部屋にユニットバスがついているのとお部屋が広めってこと。 トイレが部屋にあるのはとてもありがたかったです。

 そうして星を撮っていると・・・ 千畳敷に伝説と伝えられている亡霊と出会ってしまいました。それは・・・すーっと現れ・・・そうして実体化すると、今度は神々しく輝いて消えていきました。

 最後に残ったのは夏の第三角だけでした。

 一体どんな生き物だったのだろう・・・ その後、さらに星を観察し続けていると。後ろの岩場から蹄の音が・・・ それも移動している!!音はパッカパッカと言う感じ。馬??? いや、こんなところに野生の馬はいない。
 この山で蹄があるっていうとカモシカくらいしか浮かばない。それともクマか? いやこんな頂上に近いところでは実りはない。里に行っているはず。
 ちょっと驚いた一夜でした。 実はホテルに戻るともっと恐ろしい事が待っていたのです。 自販機の前に長い髪の女の人がホテルの浴衣と羽織をきてとても不愉快そうに座っていました。「こんばんは」と言っても返ってくる言葉はない。
 先をみるととあるお部屋のドアが開いていました。夫婦喧嘩?ココまで着ていて? それから1時間後だ~りんも同じ女性をみました。今度は隣にその旦那さんと見られる人がいたそうです。
 そうして朝・・・荷物をすっかりまとめた女性が1人。始発のロープウェイで帰って行きました・・・。あの生き物はこれを予兆していたのでしょうか?
 
 どう思います?

LINEで送る

コメント


認証コード3110

コメントは管理者の承認後に表示されます。