上野動物園 サツキさんが亡くなった

Tag: 上野動物園

 
3月11日(金)に東日本大震災が起きました。
都内もずいぶん揺れたそうです。
上野動物園にいるカバはサツキとジロー、サツキさんは40歳を直前にした熟女です。
彼女は2011年4月16日(土)午後7時過ぎに帰らぬカバとなりました。

大きな揺れや何回も起きた余震の中、サツキは放飼場のプールから上がるときに左前足を踏み外し、痛めてしまいました。また、高齢などの理由により皮膚が荒れ、それが原因で化膿性関節炎になってしまいました。
 

いつも一緒にいた、ジローは夫というよりもいつも甘えん坊の子どもって感じでした。
擬人化しちゃいけないと思いつつ、なんだか元気なさそうです。
ずーっと見ていたけどプールに入る様子もなく昼寝ならぬ朝寝です。
上野動物園のブログをみても
「サツキとジローは15年間にわたり、仲良くくらしてきましたが、残念ながら2頭の子孫は残せませんでした。カバは群れでくらす動物なので、2頭で飼育することによって精神的にも安定していました。残されたジローが完全に単独飼育になるのは初めてです。サツキの死後、ジローの餌を食べる量が減ったり、プールに長い時間潜ったままでいるなど、やや不安定な状態が見られるため、今後注意深くようすを見ていきたいと考えています。
」と書かれているので心配です。
 

でもポスターでは元気に口を開けていました。
 

カバヤもカバとコビトカバを応援しています。今年はもう一台カバ車ができるそうなので楽しみです。
 

LINEで送る

コメント


認証コード6626

コメントは管理者の承認後に表示されます。