ティンガティンガのカバ

Tag: ティンガティンガ 絵画 タンザニア

2008年(平成20年)に東京の画廊で保護したカバ。
ティンガティンガと言ってタンザニアのティンガティンガさんがはじめたペンキ画です。
初代のティンガティンガさんは板にペンキでいろいろな動物を書いていました。
今、本物のティンガティンガを手に入れようとしたらトンでもない値段になります。
本物を見たい方は、三重県の伊勢にあるマコンデ美術館がお勧めです。
 
65cm×65cm。

日本でティンガティンガを購入しようとするといくら額装代や輸送費が掛かったとしても現地で一枚千円くらいで買えるのが6万円とかトンでもない値段になっていたりするのですが、
この絵は額装がされていて確か3万以内だった記憶です。良心的だな~って思いました。
保護したのは、ちょうどヒポミさんのところでカバ祭り2008が行われている時で
根津の画廊でちょうど展覧会をやっていたのを発見して吸い寄せられました。
水の中をサギやナマズがいてなかなか素敵です。

ティンガティンガはタンザニア暮らしをしているときの心の支えでした。
あまり絵画文化のない国だったので部屋に飾るのお気に入りを探すために何回も何回もティンガティンガ村に出掛けすっかり画家さんと仲良し?になったりしました。
今は懐かしい思い出です。

LINEで送る

コメント


認証コード7835

コメントは管理者の承認後に表示されます。