もういい加減、「婿養子」なんてやめろ!!

  • 2010.12.27 Monday
  • 10:38
JUGEMテーマ:コラム
 
最近、麻木さんと山路さんと大桃さんのことでワイドショーが騒がしい。
中日スポーツ 
サンケイスポーツ スポーツ新聞なんてマスコミでないって思うかもしれない。
だけど所詮、人が気軽に考え無しに読むのはこういうゴシップ紙やテレビのワイドショー。

男性が女性の姓を名乗る=婿養子」って明治時代から戦前の思考停止状態いい加減にやめて欲しい。

彼らはただ単に婚姻届け出しただけじゃん。
今の日本の法律は夫、妻、どちらの姓を名乗って良いことになっている。
でも98%が考えもせずに自動的に夫の姓に統一しているだけのこと。

たった2%の人が妻姓を名乗るだけで「婿養子」って明治時代の思考に陥る。

今は21世紀、平成の世だぞ。いい加減にしろよ。
単に、婚姻届けの姓をところに妻の姓を○しただけでしょうに。

もし山路さんが麻木さんの籍に入籍届けを出しているのだったらまだ理解してやろう。
現行民法下では、初婚の際に、親の戸籍からそれぞれ離脱して、新しい戸籍をつくる仕組みになっている。そうして離婚したら親の戸籍に戻るわけでなく、単独の戸籍を持つことになっている。


「出戻り」ってことは法的には現在はあり得ない。
※訂正※
離婚した場合、コドモがいなければ、親の戸籍に戻ることもアリなのだそう。


そうして再婚をするときに、お互いに単独戸籍同士であっても単にどっちの姓を選ぶかって選択になるだけだ。決して誰かの籍に入るわけではない。
※訂正※
単独戸籍の人がその姓を保持したまま再婚すると、その枠に新規に配偶者がはいってくるので、このときだけは「入籍」も正しい用語になるそうです。

つまり、芸能人やあなたのお友達が喜々として「入籍しました!」と言ったら再婚しました!と宣言していることになるわけです。

サザエさんの夫のマスオさんもよく婿養子的に扱われているけれど、サザエさんは磯野姓でなく、マスオさんのフグ田姓を選択していることになっている。

みんながいくら、平成に生きていたとしても、精神は明治時代に取り残されている。


はぁこんな戸籍制度。世界に一カ国だけしか残されていない。
韓国も人権の問題から2008年に廃止されている。中国にある戸籍は人に対するものでなく住居に掛かっているもの。婚姻や血縁に掛かっているものではない。

もういい加減にして欲しい。
単に婚姻届けをだした。結婚しただけでいいだろう。
入籍届けを使っている人なんて今は再婚した時の子どもを夫の戸籍に入れる時くらいにしか運用されていないんだから。

もしどうしても入籍をしたいって言う人は婚姻届けを出した後、「入籍届を出すといい。
提出して、結婚相手の両親の本当の子どもになるのだ。
そうしたら妻や夫でなく、その家の本当の子どもになれる。
そうすれば、遺産相続の時には妻や夫としての相続分でなく、正式な子どもとして対等に遺産を受け取ることが可能だ


介護をたった一人で負担させられていたら絶対に
姑や舅と入籍=養子縁組した方が良い。

婚家の姑や舅や夫が「お前はこの家の家族になったんだ」やら「あなたを本当の娘(息子)のように思っている」なんて言われたら「入籍届」を出すといい。

法的に正しくその家の子どもとなり、家族となれる。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM