古代ローマ帝国 1000年祭記念カバコイン(本物)ほぼコンプリート

  • 2013.10.13 Sunday
  • 14:06


 西暦244年〜249年 PHILLIP一世がローマ帝国皇帝なりました。
彼はローマ帝国建国千年祭を248年にひらきました。
その時、珍しい外国の動物をたくさん連れてきました。
たとえばキリン・ライオン・カバなどが記録に残っています。
このコインはそれを記念して発行されたカバのコインです。
彼の妻オクタリシア・セベラの肖像の裏にカバの姿(微妙に違う)が描かれたコインを何種類が発行しています。


今回、だ〜りんがそのコインの3種類を入手、本人曰くクリスマスプレゼントのつもりだったけどそれまで待てないということで、今日戴きました。
時価総額 約10万相当。いやそれ以上とのこと。 こんなすごいプレゼント初めてです。

これがPHILLIP一世の王妃、オクタリシア・セベラです。きれいな人ですね。
フィリップ1世暗殺後も彼女は再婚しなかったという記録は残っていますが,
その後どこでどう暮らしたかは全く記録がなく不明です。
当時、パートナーが亡くなった後の再婚は至って普通の世界だったのですが、彼女はしなかったのでした。
まさしく ロマンチック。 ローマですね。


これが最もお高いメッキの銀貨です。ローマも戦国時代が長く続き銀山が衰え銀貨の質は最低に・・・ 0.5%で銀貨を名乗るようになったら終わりです。
 
 でも2年くらい前orそれ以前からeBayでは1,400ドルなんでとんでもない値段で出ておりました。
出品者が一瞬気弱な値段に付け替えた瞬間を逃さずだ〜りんが落札しました。サスガです。
カバの顔は上向きです。


これが銀貨の2番目。
だ〜りんがeBayで硬貨の裏を見まくって発見したコインです。
カバの顔が下を向いています。


こちらは銅貨。
これを裏を見まくって発見保護されたカバです。
顔は正面を向いています。



本当に頭が下がる思いです。千枚近いコインの中からこれを見つけてくれたなんて。
きっかけはだ〜りん自身の研究のためだったのですが、
ずーっと欲しいな〜って思いながら眺めていたコインだったので本当にうれしいです。

ついに私のコレクションも古代ローマ時代にまで進んでしまいました。

ちなみにだ〜りんによると、現在eBayではカバのコインでこれだけのクオリティのものは発見できなくなっています。
どうやらだ〜りんが買い占めてしまったようです。恐ろしや〜

コメント
まだ1枚9万円のカバコインが残っていました。さすがにこの値段では手が出ません。
  • うみほし
  • 2013/10/16 1:24 PM
うみほしさん、こちらにもいらっさいまし〜
9万円はやめておきましょう。
私はこんなに素敵なコインが集まっただけでもう涙が出るほどうれしいですから。
うみほしさんのHPにローマ皇帝の動物園としてカバコインがたくさん載っていました。
さすがだな〜 うみほしさん。
ローマコインの研究をしてらっしゃいます。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM