あーびっくりした。

  • 2011.03.15 Tuesday
  • 23:32
JUGEMテーマ:コラム
 
私の住む、お茶の里県で震度6ですわ。
私はうなぎパイ市在住なので震度3程度で問題なしなのですが。
ビックリしますね。

友達が今回の震源地の東部にたくさんいるので心配ですが。
東部の人達って基本的に地震慣れしているんです。
西部の人間と違って・・・・

昔東部の伊豆地方に住んでいたことありますが、そのとき群発地震があって始終ドキドキしていたら
地元の方々に「?」って顔をされました。
私としてはかなり焦り気味なのですが。彼らのとっては日常のようで・・・

お茶の里県は東西にとても長い県ですから、県民性もだいぶ違うんですね。
東部に住んでみて改めて理解しました。
東名もいくら走ってもお茶の里県だし、新幹線駅が6つもある県他にないでしょ?

今日のローカルニュースで浜岡原発の状態をやっていましたが、今の状態だと福島の二の舞になりそうだな〜
高さ12mの防潮堤を新たに作るとか言っているけど、それよりも防水性のあるというか津波の潮をかぶっても機能する発電機ポンプとかを作った方が安くて確実なような気がします。
12mの防潮堤を完成するのにどれだけ時間がかかると思うのよ!

今回の福島だって、地震にも津波にも建物は耐えたんだよ。ちゃんと緊急停止もして機能したのよ。
だけど、電源が外部電源であるという驚きや、自家発電が潮をかぶってダメになったとかポンプを動かす発電機が潮をかぶって機能しなくなったりとか詰めが甘かったような気がします。

だから浜岡原発にはその二の舞にはなって欲しくない。
電源の自前確保やせめて発電機は潮をかぶらないハコに入れておくとか、潮をかぶっても機能するような構造のものを用意していて欲しいです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM