ウガンダのカバコイン

  • 2013.10.25 Friday
  • 22:09

ウガンダ共和国、2010年発行の100Uganda-Schilling(UGS)コイン。
 直径が5僉⊇杜49.6gもある銀貨です。銀含有率は50%だそうな。

 
Man-Eater(人喰い)Hippo って書いてあります。
そんな〜!って感じ。
彼ら草食動物だし。
人を襲うことはあるけど、それは大抵人間が彼らに驚異を与えているからだし。
でも体の大きさと動きの速さを考えるとちっぽけな人間はぶっ飛ばされちゃう感じって事で・・・
そんなこと言わんでも・・・って感じ。

こちらは表? 
国章に使われている動物は右側ホウジロカンムリツル。左側コーブが描かれています。
真ん中は盾。盾の上の波波はビクトリア湖を表し、中央の太陽は日照時間の長さ、下の太鼓は人々が集まり踊ることを表しているそうです。

100SchillingってUgandaではどのくらいの価値なのかな。
Kenyaだと100Schillingってタンザニアの1,000Schillingくらいの価値だったんだけど。
タンザニアの1,000Schillingだとローカルフードで3人くらいがお腹いっぱいランチが食べられるくらいの値段かな。

それにしてもこのカラー銀貨はどこで作っているのかな〜
Tanzaniaのお金はイギリスが鋳造も印刷もしているけど同じかな〜

古代ローマ帝国 1000年祭記念カバコイン(本物)ほぼコンプリート

  • 2013.10.13 Sunday
  • 14:06


 西暦244年〜249年 PHILLIP一世がローマ帝国皇帝なりました。
彼はローマ帝国建国千年祭を248年にひらきました。
その時、珍しい外国の動物をたくさん連れてきました。
たとえばキリン・ライオン・カバなどが記録に残っています。
このコインはそれを記念して発行されたカバのコインです。
彼の妻オクタリシア・セベラの肖像の裏にカバの姿(微妙に違う)が描かれたコインを何種類が発行しています。


今回、だ〜りんがそのコインの3種類を入手、本人曰くクリスマスプレゼントのつもりだったけどそれまで待てないということで、今日戴きました。
時価総額 約10万相当。いやそれ以上とのこと。 こんなすごいプレゼント初めてです。

これがPHILLIP一世の王妃、オクタリシア・セベラです。きれいな人ですね。
フィリップ1世暗殺後も彼女は再婚しなかったという記録は残っていますが,
その後どこでどう暮らしたかは全く記録がなく不明です。
当時、パートナーが亡くなった後の再婚は至って普通の世界だったのですが、彼女はしなかったのでした。
まさしく ロマンチック。 ローマですね。


これが最もお高いメッキの銀貨です。ローマも戦国時代が長く続き銀山が衰え銀貨の質は最低に・・・ 0.5%で銀貨を名乗るようになったら終わりです。
 
 でも2年くらい前orそれ以前からeBayでは1,400ドルなんでとんでもない値段で出ておりました。
出品者が一瞬気弱な値段に付け替えた瞬間を逃さずだ〜りんが落札しました。サスガです。
カバの顔は上向きです。


これが銀貨の2番目。
だ〜りんがeBayで硬貨の裏を見まくって発見したコインです。
カバの顔が下を向いています。


こちらは銅貨。
これを裏を見まくって発見保護されたカバです。
顔は正面を向いています。



本当に頭が下がる思いです。千枚近いコインの中からこれを見つけてくれたなんて。
きっかけはだ〜りん自身の研究のためだったのですが、
ずーっと欲しいな〜って思いながら眺めていたコインだったので本当にうれしいです。

ついに私のコレクションも古代ローマ時代にまで進んでしまいました。

ちなみにだ〜りんによると、現在eBayではカバのコインでこれだけのクオリティのものは発見できなくなっています。
どうやらだ〜りんが買い占めてしまったようです。恐ろしや〜

ローマコイン カバの記念コイン(レプリカ)

  • 2013.10.06 Sunday
  • 11:40
JUGEMテーマ:どうぶつ雑貨 カバ コレクション

ローマの軍人皇帝、PHILLIP (244-249AD)の妻 OTACILIA SEVERAのレプリカコインです。
だ〜りんが研究素材を探索中eBayで発見保護してくれました。

裏側がカバ。

PHILLIP 気ローマ建国千年祭をひらいた時の記念硬貨銅貨です。
当時の属州のアフリカからキリンだのゾウだのガゼルだのをローマに連れてきて
その様子をコインにして属州全土に知らせたんでしょうね〜

もちろんこれはレプリカでMuseumSHOPのお土産です。
左側がドイツのローマ博物館で売られていたもの。
中央がイギリスで売られていたものだそうですが、イギリスのほうがデキは良いかな。
2千年も埋まっていたのもですから完全な彫りのものなんて無いに等しいですが・・・

レプリカなりにとても頑張っています。

問題は・・・・ レプリカはなぜこんなにでかいのか! そうしてとても重い。
本物はこの1/4くらいのサイズなんですよ〜

※レプリカだから〜と2枚一緒に持ってチャリチャリともてあそんでいて、
 ふと両手をみたら手の平に金属の薄い箔がキラキラしている。
 キャーーー! 
 左側のドイツ製?のメッキが剥がれてきた〜! 
 いや〜レプリカだけど中央のイギリス製?は丈夫に作ってあります。
 こっちは白銅や青銅の無垢なのかな?

 
 
 
 
  
 

シエラレオネ カバのコイン  

  • 2013.05.10 Friday
  • 11:12

シエラレオネ 西アフリカにある国です。
たぶん、外貨を稼ぐためのコレクション用のコイン。

 

私にとってシエラレオネと聞くと、ブラッドダイヤモンドという言葉が浮かびます。
非常に良質なダイヤモンドが露天掘りの鉱山で産出されています。
でもその堀手は子どもです。
内戦のひどい時期もそうでしたが、麻薬などで働くようにされた子ども達。
ここのダイヤモンドを買うことはそれに荷担すること。

そんな国。
そうして今も褒めたらいくらでも人殺しをする殺人マシーンするために村から誘拐され
麻薬漬けになる少年兵やレイプされる少女達がいなくならない世界。

そうして世界で一番寿命の短い国とされているシエラレオネ。
先進国のお金持ち子金持ちが結婚の証にと欲しがるダイヤモンドが出るばかりに民主化がなかなかできない国。
先進国としてはこの国が荒れているほうが稼げますから
帝国主義は消えたように見えるけど、一見して帝国主義支配と分からないように洗練されてきているだけの状態。
先進国と言われる支配者達はいつそれをやめるのだろうか。


リベリア コビトカバのコイン

  • 2011.12.14 Wednesday
  • 21:55

リベリアのコイン。
希少種のコビトカバのコインです。
私の好きなカバとは種類が違うんだけど・・・ 保護してしまいました。

コビトカバ
は森林地帯に生息域を持つカバで、サバンナで暮らしている普通のカバとは体格が全く違います。
パンダ・オカピとこのコビトカバが世界三大珍獣とされています。

本当はこちらが表になるんですよね。
上野動物園はコビトカバの繁殖がとても上手で世界でも一目置かれているんですよ。
また上野動物園、この間パンダが来園して
世界三大珍獣が勢揃いしておりますので足を運んでみてはいかがでしょうか?

北朝鮮のかばコイン

  • 2011.02.17 Thursday
  • 16:06
 
いろいろなことが起きているご近所の国、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のコインです。
昔、暮らしていたタンザニア連合共和国もそうだったのですが、途上国というのは記念切手や記念コインなど元手のかからないもので外貨を稼いでいます。

世界中に切手収集家・コイン収集家がいるからです。

タンザニアから手紙を出すときせっかくだからきれいな切手で出したいな〜って郵便局に行きますと、その別棟にきれいな切手を売っているところがありましてよく買いに行っていました。
どうしてタンザニアでダイアナ妃?やらヨーロピアンな犬のシリーズやらいろいろありました。
こういう切手を集めている人もいるわけで商売が成り立ちます。

さて、今回の北朝鮮のコイン。オークションで保護した、アルミ素材のコインです。
アルミだから結構値段すると思うのですが・・・・まぁ無視しましょう。

いきなり裏から。やはりカバコレクションなので。

直径2,5cm。ちょっとだけ関節に無理がありますが・・・まぁまぁということで。
北朝鮮にカバなんているわけありません。だから外貨稼ぎようなわけですね。
2002年に発行された0.5チョン硬貨です。1ウォン=100チョンだそうなので日本で言う1銭玉くらいの最小単位なのかな?
大韓民国では使われていない単位ですが。廃止には至ってないそうです。

さて・・・
続きを読む >>

ガンビアのカバコイン

  • 2011.02.04 Friday
  • 11:35
 
西部アフリカのガンビアのコインです。
まずは国の説明から。
国の周囲をセネガルに囲まれて、ガンビア川の流域に広がる細長い国です。



イギリスが宗主国だったようですね。
私はアフリカの国々というとどちらかと言えば東部アフリカが好きでよく行きます。
でもコインにカバが使われているところって少ないです。

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM